ドラマ・映画・バラエティ

わたどう【1話】ネタバレ感想・あらすじ|結婚相手は憎き相手?七桜と椿が創る和菓子の世界にも注目

 

水曜ドラマ「私たちはどうかしている(わたどう)」が8月12日放送開始となりました!

放送前から期待している人も多く、主演の横浜流星さんも無事に復帰をしてさらなる期待と関心を集めています。

 

むー子
むー子
放送開始を待っていたよ!

 

今回はこの「わたどう」1話について、ネタバレや感想などまとめていきたいと思います。

 

「私たちはどうかしている(わたどう)」を見逃してしまった!という方は、

Hulu」に登録をすれば無料で見逃し視聴をすることができます。

初回登録後14日間無料でお試しすることができ、その間は全作品無料で見放題!

広告もなくスムーズに見ることができますので、ぜひ無料登録をお試し下さい。

 

\ Huluの登録はこちらから

Hulu 公式ページ

 

関連記事:【わたどう・見逃し無料配信】私たちはどうかしている・公式広告なし動画をお得に視聴

 

 

わたどう・1話のあらすじ!

 

ついに放送開始の「わたどう(私たちはどうかしている)」。

まずは1話のあらすじをご紹介します。

花岡七桜(浜辺美波)は和菓子作りに情熱を注ぐ才能溢れる若き和菓子職人。

ある日、贔屓の客で茶道の宗家の娘・真由(小島藤子)に頼まれた七桜は、結婚式の引き出物を決めるための和菓子対決を受けて欲しいと頼まれる。自分の御菓子を大勢の人に食べてもらえるチャンスに心踊る七桜だが、対決相手が創業400年の金沢の老舗和菓子屋“光月庵”だと聞き絶句。それは15年前、七桜から全てを奪った店だった…。

15年前―。和菓子職人だった母・百合子(中村ゆり)とともに光月庵に住み込むことになった幼い七桜は、光月庵の同い年の一人息子・高月椿と出会い、和菓子作りの面白さに目覚めていた。明るく人懐こい椿と優しい百合子と共に幸せな日々を過ごしていたある日、明け方の雷鳴に目を覚ました七桜は、母屋へ。椿が咲き乱れる庭の先で七桜が見たのは、血まみれで立ち尽くす椿と、その足元で息絶えている椿の父・(鈴木伸之)の姿だった。従業員たちが駆けつける中、椿は父親を殺したのは百合子だと証言する…!椿の一言で殺人犯の娘となり全てを失った七桜は、血の“赤”が怖いという致命的なハンデを抱えながらも、和菓子作りだけを心の支えに生きてきたのだった。

その光月庵が相手と知り、和菓子対決を辞退する七桜。そんな中、住み込みで働いていた店から突然解雇されてしまう。原因は、毎日店に届く『花岡七桜の母親は人殺しです』というメールだった。雨の中行き場を失った七桜は、見知らぬ男・多喜川(山崎育三郎)から母から預かっていたという手紙を渡される……。今は亡き母の思いを知った七桜は、長い黒髪をバッサリと切り落とし、光月庵との和菓子対決に臨む覚悟を決める。

和菓子対決当日。15年ぶりに顔を合わせた椿(横浜流星)の冷たく自信に満ちた姿を前に、思わず体を強張らせる七桜。椿が七桜の正体に気付かない中、七桜は“食べる人への想いを込める”気持ちで持ち直す。対決の御菓子のテーマは“桜”。七桜と椿、二つの才能が織りなす美しい和菓子対決の行方は…?

対決の後、七桜を待っていた椿。椿は“初対面”の七桜に、突然プロポーズして…!?

七桜と椿、2人の波乱に満ちた運命が動きだす―――!

引用:私たちはどうかしている公式ホームページ

 

七桜(なお)の幼い頃から今までの傷、それを抱えたまま椿(つばき)と再会をし、

突然プロポーズをされて結婚することに・・。

 

あらすじから見ると、母親の思いまで背負った七桜の大きな決意が伺えます。

いきなり波乱万丈の展開が予想されますね。

 

わたどう・注目ポイント

ミステリー要素たっぷりのストーリーもそうですが、

わたどうで中心となる舞台が「和菓子の世界」ということで、ドラマ中の「和の要素」にも注目です。

 

出演者のみなさんは、和菓子職人ならではの「和服」を着用しています。

撮影はさぞかし大変そうですが・・主演の浜辺美波さんや横浜流星さんという美しいお二人の美しい和装姿だったり、

どんな和服を着るのかも今後楽しみなポイントとなりそうです。

 

あとはやはり「和菓子」ですよね!

和菓子の登場シーンは多く、ひとつひとつの和菓子に「菓銘(かめい)」がついていました。

その和菓子に込められた意味を説明してくれているので、それを聞くのも興味深かったです。

和菓子の見惚れるような上品さ・繊細さ・美しさも感じられると思いますので、

ぜひ注目してみて下さい。

 

むー子
むー子
楽しみなポイントがたくさんだね!

 

わたどう・1話のネタバレや感想

 

わたどう1話のストーリーについて、ネタバレや感想をまとめていきます。

 

七桜が「真実を見つける」ために結婚を決意・黒幕は誰?

椿は幼い頃、七桜のことを「同じ春の名前だから」と「さくら」と呼ぶ。

病気がちな七桜は外で遊べず、「お菓子作りならできる」と椿と七桜の母と一緒に和菓子を作っていた仲であるが、

ある日椿の父親が刺されてしまった時、その現場に「さくらのお母さん」がいたと証言をした椿。

血にまみれた前に立っていたのは「椿」のみだったが、一体誰が黒幕なのでしょうか・・

この真相はゆくゆく見えてくるのではないかと思いました。

また、椿に「七桜(なお)」という名前を告げるが、さくらと呼んでいたからか七桜のことは覚えていない様子。

本当に覚えていないようですが、椿の記憶も気になるところです。

 

見知らぬ男・多喜川の正体は何者?

七桜が雨の中で突然出会った「多喜川」という男性。

「随分探したよ」と七桜に手紙を一通渡す場面のみ登場。

その手紙は「七桜へ」と書いてあり、「私は何もやっていない」という文章のみ。

ですが、七桜のお母さんからのメッセージと分かります。

多喜川には何者か尋ねると「お母様のお菓子のファン」というが、その後すぐに姿を消してしまい・・

原作ではこの「多喜川」ファンも多いようで、今後の登場が気になるところです。

 

 

わたどう1話みんなの反応・次週は過酷な日々の開幕

 

わたどう(私たちはどうかしている)1話を見た人の反応をまとめていきます。

 

 

2話からは光月庵に嫁いだ七桜の過酷な日々が開始します。

観月ありささん演じる椿の母・今日子さんによる七桜へのいびりが見どころになるかもしれませんね・・

 

 

わたどう1話・ネタバレ感想まとめ

 

8月12日放送のドラマ「私たちはどうかしている(わたどう)」について、

あらすじも含めたネタバレや感想をご紹介しました。

 

今後の展開が楽しみですね。

放送を見逃してしまったという方も、「Hulu」に登録をすれば無料で見逃し視聴できますので、

CMなしで快適に視聴しちゃいましょう!

詳しくはこちら【わたどう・見逃し無料配信】私たちはどうかしている・公式広告なし動画をお得に視聴