ドラマ・映画・バラエティ

わたどう【2話】見逃し無料配信・ネタバレ感想も|椿の壁ドン・徐々に惹かれ合う2人?

 

2020年8月19日(水)に、ドラマ「私たちはどうかしている(わたどう)」の2話が放送されます。

 

先週より放送開始となった「わたどう」ですが、初回視聴率も9.6%と好調なスタートを切っています。

1話といえば、

  1. 椿が『初対面』と思っている七桜にプロポーズ、そして結婚へ
  2. 謎の男・多喜川が気になる
  3. 椿の母・今日子さん(観月ありさ)の怪演が良い
  4. 浜辺美波ちゃんと横浜流星くんのキスシーンが美しすぎる

この辺りが話題となりましたよね!

1話ネタバレ感想はこちら:わたどう【1話】ネタバレ感想・あらすじ|結婚相手は憎き相手?七桜と椿が創る和菓子の世界にも注目

 

今回はわたどう2話について、見逃した方への無料動画視聴方法や、ネタバレ感想をまとめていきたいと思います。

 

 

わたどう2話・見逃し無料視聴はこちら

 

私たちはどうかしている(わたどう)を見逃してしまった方へ。

動画を無料視聴するには、「Hulu」がオススメです。

 

初回登録時は14日間無料でお試しすることができ、その間での解約も可能

費用が一切かからず、全作品を見放題として無料で楽しむことができます。

 

もちろん放送の間にCMなど入らないでのストレスフリーで見逃し視聴できますね。

 

\ Huluの登録はこちらから

Hulu 公式ページ

 

Hulu」のメリットデメリット・登録解約方法や配信作品が知りたいという方は、

関連記事からご覧になってください。

関連記事:【わたどう・見逃し無料配信】私たちはどうかしている・公式広告なし動画をお得に視聴

 

わたどう2話のあらすじ

 

私たちはどうかしている(わたどう)の2話あらすじをご紹介します。

こちらは公式サイトより抜粋させていただきました。

 

光月庵で暮らし始めた七桜なお(浜辺美波)に、下っ端の職人として洗い場の仕事を命じる椿つばき(横浜流星)。厨房では椿の結婚をぶち壊した女として同僚の職人たちから後ろ指を指されながらも、七桜は大好きな和菓子作りに囲まれることに喜びを感じていた。そんな中、作業を助けたことで親しくなった見習いの職人・城島じょうじま(高杉真宙)の話から、15年前、先代のいつき(鈴木伸之)が亡くなった事件の後、光月庵の従業員が総替わりしたことを聞く。七桜は事件当時のことを知る古参の客から話を聞くべく、ある方法を思いつく…。

翌日。光月庵では神社の祈晴祭の大量注文が入っている日に七桜が得意先の呉服店“白藤屋”の注文を受けてしまったことが問題に。七桜は、店が忙しい日なら御菓子を作り自分で届けに行けると思ったのだ。

祈晴祭の日。御菓子を届けるため一人白藤屋を訪れた七桜。しかし、箱を開けると、なんと白藤屋特注の御菓子が台無しにされていた!パニックになる七桜の前に現れた椿は「嘘をつくからこんなことになる」と、七桜を抱え上げ…。七桜の不審な行動に気づき後を追って来た椿だが、何者かが御菓子に不吉ないたずらをしていたことで、光月庵は大切な得意先を失う危機に。

店に戻った後、出来上がった御菓子を女将の今日子きょうこ(観月ありさ)が珍しくチェックしていたと聞いた七桜は、今日子が自分を追い出すために御菓子に細工したことに気づき今日子の元へ!七桜の荷物をまとめ出て行くように言い渡す今日子。嫌悪感を爆発させ、七桜を追い詰める今日子だったが、七桜に手を差し伸べた椿は、なんと白藤屋から七桜を指名して注文が入ったと告げる…!その頃、白藤屋には謎の男・多喜川たきがわ(山崎育三郎)の姿があった…。

翌日から、七桜に光月庵の餡を教えるため、椿の一対一の指導が始まる!しかし、ベテラン職人・富岡とみおか(岡部たかし)の不満に気づいた今日子の差し金で、二人は厨房を使えなくなってしまい…。大旦那(佐野史郎)に直談判する椿だが、七桜はそこで椿と大旦那の驚くべき確執を目の当たりにするのだった…!!

引用:私たちはどうかしている公式サイト

 

いよいよ和菓子屋・光月庵での七桜の生活が開始します。

徐々に事件の真相が分かってきそうですが、その前に七桜に襲いかかる試練の山。

今日子さんの七桜へ繰り広げる試練もすごそうですね・・

 

そしてまたまた登場するであろう謎の男・多喜川さん。

こちらの正体も気になるところです。

わたどう2話のネタバレや感想・みんなの反応は?

 

わたどう2話を視聴したネタバレや感想・みんなの反応をまとめていきます。

 

今日子さんの執念

お得意先である白藤屋からの注文を受けたとして、ご挨拶のお菓子を持っていった七桜。

実はお菓子の中身が「真っ赤なお菓子」にすり替わっていた。

後から「女将が珍しくお菓子を確認していた」と見習い城島から話を聞き、今日子が犯人であることを確信する七桜。

手土産は心の表れであること、七桜が事件のトラウマで赤い色を見ると発作が起きてしまうことも知っていて、中身をすり替えたのだった。

「蝶は蝶としか子孫を残さない。蛾はこの家にはいらない」と言って花瓶の水を七桜にぶっかける今日子さんの恐ろしさ、さすがでした。

そして今日子が歌う「通りゃんせ」が怖かったですね。この歌の意味ははたして?

 

謎の男・多喜川さんは七桜の味方?

白藤屋さんへ渡したお菓子の事件で、すっかり信頼を失ってしまったと落胆する七桜。

だが、後日「七桜の作った最中で再度注文をお願いしたい」と発注が入ったのだった。

その裏側には、謎の男「多喜川」の姿があった。

先生に言われた通り、光月庵に注文を入れたわと話す白藤屋の女将。その先生とは多喜川のこと。

喜多川は白藤屋さんの女将と会っており、「彼女のお菓子を食べれば分かる、母親譲りの腕のある和菓子職人だ」と告げていたのだった。

 

七桜のことも七桜のお母さんのこともよく知っている多喜川。今後も重要人物となりそうですね。

 

胸キュンシーン

  1. 「お前は言われたことだけしていればいい」といって七桜に壁ドンする椿
  2. 七桜の和服姿の着付けをさりげなく直す椿
  3. 今日子が池に落とした七桜の荷物を一緒に探してくれた椿
  4. 夫婦らしいことをしてみるか、と手を差し伸べて手を繋ぐ椿と七桜
  5. 僕の妻をいじめないでくださいと大旦那に言う椿
  6. 後ろから七桜のことを抱きしめる椿
  7. 一緒の部屋で過ごす初めての夜・・

 

みなさんはどうでしたか?

一方、見習いの城島と七桜の絡みは癒やされるシーンでしたね。

あんこ癒やされ仲間として仲良く話していたところに椿が現れ、ちょっとヤキモチ?を焼く椿も良かったです。

少しずつ七桜に歩み寄っている椿の姿が見えてきた気がします。

 

椿は本当の孫じゃない?

大旦那から「椿は光月庵を継ぐことはできない。なぜなら本当の孫ではないから」と。

幼い頃から「この家の子じゃない」と罵られ、出ていけと言われていた椿。

しかし、椿亡き父と約束した「この店を継ぐ」という信念を忘れず、大切な和菓子を多くの人に届けるために諦めていない。

 

大旦那は、どうやらかつて七桜の母のことを邪魔者扱いとしていたよう。

「息子の命を奪った女」というが、当時の真相は果たして。

 

世界で一番憎いはずの男なのに・・

初めて一緒の部屋で過ごす夜、七桜に「さくら」のことを話す椿。

椿の中には、あの幼い頃の七桜との思い出はしっかりと記憶に刻まれているようだった。

そんな椿に少しずつ惹かれていってしまう七桜。

「もし今さくらと会ったらどうするの?」と椿に問いかけると、「俺の前から消えてもらうよ、永遠に」という予想外の返答が。

あの時のこと、そしてあの時から今まで、椿はどんな気持ちで過ごしてきたのでしょうか。

 

わたどう2話・みんなの感想

 

 

2話の最後で、今日子が七桜について何者かに調査をお願いしており、

そこでかつて光月庵にいた「あの容疑者の子供」ということが分かってしまいそうですね。

今日子へ情報を渡しているのが「城島くんじゃないか?」という説が多数ですが、味方であってほしい・・。

 

 

わたどう2話・見逃し無料動画やネタバレ感想まとめ

 

私たちはどうかしている(わたどう)について、見逃してしまった場合の無料視聴方法や、

ネタバレ感想についてご紹介しました。

 

わたどうの動画をまとめて見たい時や、CMなしでスムーズに見たい方は、「Hulu」からどうぞ!

こちらの記事も参考にしてみてくださいね。
【わたどう・見逃し無料配信】私たちはどうかしている・公式広告なし動画をお得に視聴

3話の放送も楽しみにしていたいと思います。