ドラマ・映画・バラエティ

【見逃し動画も無料】アンサングシンデレラ【4話】感想ネタバレ「揺れ動く親子の関係」

 

2020年8月6日(木)にドラマ「アンサングシンデレラ」の4話が放送となります。

 

3話ではみどりが中華料理屋で出会った男「小野塚」が、みどりと同職の薬剤師であることが分かりましたね。

少しずつみどりと小野塚の距離が近づくのか?と気になる展開です。

 

そんな中、4話でもこの「中華料理屋」がストーリーのカギを握ります。

それでは早速、アンサングシンデレラ4話について、ネタバレを含む感想をまとめていきたいと思います。

 

この記事で分かること

アンサングシンデレラ・第4話のネタバレや感想
アンサングシンデレラ・第4話みんなの反応

 

また、今回の放送分や今までの放送を見返したい方は、

FODプレミアムから14日間無料お試しで視聴できます。

 

無料登録さえすれば、見放題コンテンツについては14日間一切料金が発生しません。

FODプレミアムをオススメするポイント

  1. 初回登録時、2週間無料で楽しめる
  2. CMなしで動画を楽しむことができる
  3. FODオリジナル作品・独占配信作品も豊富
  4. 月最大1,300円分付与されるポイントで有料動画レンタルや電子書籍の購入ができる
  5. 無料期間中に解約も可能
  6. ドラマ・映画だけでなく130誌以上の雑誌が放題
  7. FireTV・Chromecast・AndroidTV・AppleTV等を利用しTVからの視聴も可能

初回2週間無料で
\ FODプレミアムをお試ししよう /

FODプレミアムを無料お試しする

参考記事:【見逃し無料配信】アンサングシンデレラ動画をお得に視聴する方法は?

 

 

アンサングシンデレラ・第4話の感想ネタバレ

 

アンサングシンデレラ第4話放送について、ネタバレを含む感想をまとめていきます。

 

アンサングシンデレラ・4話

あらすじ

葵みどり(石原さとみ)が『娘娘亭』で食事をしていると、辰川秀三(迫田孝也)の娘、樹里(久保田紗友)が帰って来た。みどりは具合が悪そうな樹里を気にするが、辰川は客に挨拶もしない樹里を叱り、最近は自分と口も聞かないと嘆く。それでも、樹里を心配するみどり。一緒にいた小野塚綾(成田凌)はお節介と評した。

翌日、みどりは相原くるみ(西野七瀬)に樹里の話をする。だが、くるみは樹里よりもみどりが小野塚と食事をしていたことが羨ましい。話しながら廊下を歩いていると、年配の患者、龍一(菅原大吉)がうずくまっていた。介助しようとするみどりに、龍一は自分は医者だ、薬剤師より自分の体のことはよく分かっていると無碍に言い放つ。そこに妻の志帆(宮田早苗)が来て、龍一を病室に戻した。

調剤室に戻ると、販田聡子(真矢ミキ)も手伝うほどの忙しさ。一方、羽倉龍之介(井之脇海)は電話で疑義照会しているが医者に押し切られてしまう。医者の言うことは絶対と諦めている羽倉に、みどりは納得出来ない。そこに志帆が羽倉を訪ねて来る。志帆は羽倉の母親、龍一は父親で病院を経営する医師だった。

みどりはくるみと龍一に服薬中の薬などを聞きに行く。龍一の態度は薬剤師が診察するのかと高飛車。そんな時、みどりに瀬野章吾(田中圭)から救急センターに来いと連絡が。樹里が搬送されたのだ。付き添いの小野塚は、樹里が自分の店で倒れていたと言う。駆けつけた辰川は医師から樹里が摂食障害だと告げられる。樹里の環境変化を気にかけるみどりに、辰川は祖父の太一(伊武雅刀)が末期がんで入院していることを教えた。家族の絆は壊れかけていた。

引用:アンサングシンデレラ公式サイト

 

みどりと小野塚がいきつけの中華料理屋で・・?

この日のみどりも、いつもの中華料理屋へ向かう。すると、また小野塚と会ってしまった。

店主の辰川とも話していると、娘・樹里が帰ってくるが父親とも口を聞かない様子。

辰川に聞いてみると、最近口を聞いてくれなくて・・と年頃の女の子の接し方に悩んでいた。

そんな中、後日小野塚のドラックストアに買い物へ来た樹里が、その場で突然倒れてしまう。

原因は摂食障害ということで、食事や睡眠もままならない状態とのこと。病院への搬送は小野塚が付き添ってくれた。

倒れた原因は精神的ストレスで、話を伺うと祖父が末期がんで入院していることが気にかかっている様子。

同じ病院に入院しており、祖父に心配はかけたくないと入院中も退院したフリをして祖父と会う樹里。

そんな中、祖父が急変してしまい、樹里もまた体調を崩してしまう。

大好きな祖父に摂食障害で入院していることを伝えられないこと、祖父に末期がんであることを知らないこと、そんな嘘をついている中で家族がどんどんバラバラになってしまうことが怖いと、助けてほしいとみどりに伝えるが・・。

薬剤部ムードメーカーの羽倉が声を荒げる!?

お母様が薬剤部にやってくるが、羽倉はなぜここに来たと浮かない顔をする。

羽倉の父・龍一が入院したことを突然知らされ、「こうでもしないと会ってくれないでしょう」とワケがありそうな予感。それに対し「余計なことをするな!」と、薬剤部の笑顔担当である羽倉が声を荒げた。

入院している龍一は薬剤師にあたりがきつく、薬剤師は医者の奴隷とも言う。

羽倉は医者の道に進むことができずに薬剤師の道を選んだため、父親からは見放されてしまったそうだ。

そのため、しばらく会っていない親子を会わせようと、羽倉のいる病院へ龍一を入院させたという母親。

龍一は最近物忘れがひどく、認知症の疑いがあるそう。だが、羽倉と会わなくなってからも息子のことを気にしていて、本当は息子に病院を継いでもらいたい気持ちがあり、母親からもそのことを伝える。

そんな時、羽倉の母親から父親が飲んでいたという大量の薬が書かれた手書きのお薬手帳を見せてもらうみどり。

もしかしたら物忘れがひどい原因は認知症ではなく、薬の影響かもと羽倉に伝え、必死に証拠を探す2人。

龍一が朝一で退院するという前に徹夜で証拠となる論文を発見し、原因は多剤服用(薬の飲みすぎ)で認知症ではないということ、薬の服用を見直せば症状が改善するかもしれないことを伝える。

そのおかげで龍一の症状は軽くなり、生活も安定したと報告に来て一安心だが、まだ龍一は薬剤師に助けてもらったことを認めたくない様子であった。

そんな龍一が帰る前に羽倉が駆けつけるが、息子へ「まだ間に合うから病院を継いでほしい」と伝える龍一。

そこで羽倉が父親に返した言葉は、「薬剤師だって患者を救うことができる」「ここに残って薬剤師を続ける」と強い自分の意思だった。

どんな返事が返ってくるかと思ったら、小さい頃によくやっていた親子のグータッチをして、薬剤師としての羽倉を認める。

そう!手を動かす!」とまた薬剤部に戻って仕事を頑張る羽倉であった。

 

羽倉の父親・龍一からの「薬剤師は医者の奴隷だ」という言葉には、黙っていられない方も多かったのでは・・

しかしながら、最後には「薬剤師の大切さ」を実感してもらえてよかったです。

 

みどりと小野塚が通う中華料理屋の家族の話は、来週も続きそうです。

家族がバラバラになってしまう不安を子供が感じてしまうのは、辛いですね。

 

また、みどりと小野塚がまた中華料理屋で会ったことを羨ましいというくるみ(西野七瀬)。

イケメンが好きなくるみは可愛いですよね。

 

 

アンサングシンデレラ・第4話みんなの反応

 

アンサングシンデレラ4話を見た方の反応はいかがでしょうか?

 

 

アンサングシンデレラ・第4話感想ネタバレまとめ

 

アンサングシンデレラの第4話について、ネタバレを含む感想をご紹介しました。

 

いつも行動的で患者さんのことを第一に考えるみどりに対して、「現実ではありえない」という声も多く聞かれているようですが、

ドラマの話であるため、そのことに対して批判をすることではないのかなぁと個人的に思っています。

ですが、意外とあるあるだよ!という声も聞かれているみたいですので、

実際はその「職場環境」次第というところでもありそうですね。

 

仕事とはいえ、誰かのためにここまで動けることはすごいことだと思いますので、

今後のみどりの活躍にも大注目したいと思います!