ドラマ・映画・バラエティ

アンサングシンデレラ【5話】ネタバレ感想!~命の現場で薬剤師ができることは~

 

大人気ドラマ「アンサングシンデレラ」の5話が2020年8月13日に放送されます。

前回4話では、みどりと小野塚が通う中華料理屋「娘娘亭」の家族のストーリーが途中で終わっていましたが、

5話ではその続きを詳しく放送する様子です。

むー子
むー子
家族が円満に病気と立ち向かえるといいんだけど・・

 

では早速、アンサングシンデレラ5話のネタバレや感想についてまとめていきたいと思います。

 

もし「アンサングシンデレラ」の5話を見逃してしまった方や、今までの放送をまとめて見たい方は、

FODプレミアム」に登録をすれば無料で見逃し視聴をすることができます。

初回登録後14日間無料でお試しすることができ、動画以外にも雑誌も読み放題!

広告もなくスムーズに見ることができますので、ぜひ無料登録をお試し下さい。

 

FOD 2週間無料
\ お試しはこちらから /

FOD 公式ページ

関連記事:【見逃し無料配信】アンサングシンデレラの公式動画をお得に視聴するならコチラ!

 

アンサングシンデレラ・5話のあらすじ

 

まずは、アンサングシンデレラ5話のあらすじからまとめていきます。

萬津総合病院に入院中の『娘娘亭』店主、辰川秀三(迫田孝也)の父、太一(伊武雅刀)の容態が急変。幸い安定したものの、葵みどり(石原さとみ)は辰川家を心配していた。太一は末期がんだが、秀三は本人に告知をしていない。そのことで、祖父に嘘をついていると悩む秀三の娘、樹里(久保田紗友)は摂食障害になってしまっていた。太一が倒れた後も、秀三と樹里の溝は埋まらない。樹里に助けを求められたみどりは、秀三と話に行く。

みどりの説得で、秀三は太一に告知して抗がん剤治療を受けてもらうことにしたと樹里に告げる。太一の妻が抗がん剤で苦しんだ時よりは薬も改善されてきてはいるが、それでも辛いことになるかもしれないと話す秀三に樹里は頷いた。
医師から告知を受け、抗がん剤治療を行わなければ余命3ヶ月と言われた太一は治療の必要はないと思っていると言う。秀三と樹里は反対するが、太一は入院せずに家族と過ごしたいらしい。みどりは抗がん剤治療には休薬期間があるので、自宅で過ごすことも出来ると提案した。

太一は家族との話し合いで治療を決めた。樹里は太一と一緒に、これからやりたいことのリストを作る。そんな中、みどりは相原くるみ(西野七瀬)とケモ室(抗がん剤調剤室)へ。くるみはがん薬物療法認定薬剤師の資格を持つ刈谷奈緒子(桜井ユキ)の仕事に興味を示す。調剤室に戻ると、くるみはみどりと一緒に太一を看たいと販田聡子(真矢ミキ)に申し出た。くるみにはまだ早いと不安視する販田だが、みどりは了承する。
命の現場で薬剤師がみた現実は−

引用:アンサングシンデレラ公式ホームページ

 

今回5話の中心は中華料理屋「娘娘亭」の家族達がメインとなります。

店主である秀三の父親へ末期がんであるがそのことは本人には告知していない、

そしてそこから「祖父に嘘をついている」ということに悩んでいた娘・樹里が摂食障害で入院。

バラバラになりかけた家族だったが、少しずつその溝を埋めていくようです。

 

また、西野七瀬さん演じるくるみが、自分のやりたい仕事に興味を示すようです。

くるみの薬剤師としての成長も見られるかもしれませんね。

 

ちなみに・・

相原くるみを主人公としたスピンオフドラマがFODで独占配信決定したそうです!

これはまた違うストーリーが見られると思うので、必見ですね。

可愛い七瀬ちゃんがたくさん見られるかも!

FODを14日間無料でお試しする

 

 

アンサングシンデレラ・1話のネタバレや感想!

 

アンサングシンデレラ5話のネタバレや感想をまとめていきます。

 

家族の決断・薬剤師の存在

中華料理屋「娘娘亭」店主の父・太一さんへ末期がんであることを伝える家族達。

その余命は数ヶ月。店の厨房で鍋を振って、家族と一緒に過ごせればいいと言って最初は抗がん剤治療を拒否したが、家族の意向も受け入れた上で治療を受けることに。

だが、「本当はやっぱりしんどい。最後にどう生きるかは私が決める」と言って

抗ガン剤治療から緩和治療にうつることに決めた家族達。

こういった「決断」をすることが、一番難しくて辛いこともありますよね。

その後、孫の樹里が作ったやりたいことリストの1つ「チャーハン、餃子が食べたい」「野球観戦したい」を叶えてあげることができて、イキイキとした太一さんの姿が見られましたね。

数日後、太一さんは命を引き取りましたが、家族も「ありがとう」という言葉で最後を見届けることができて良かったんだと思います。

それぞれの家族がそれぞれの未来に繋がっていく、それを守るのが薬剤師の仕事だというみどり。

最後は、瀬野が太一さんから預かっていた野球ボールをみどりに渡し、みどりは抑えきれない涙を流しました。

 

みどりの過去・瀬野の過去

みどりの妹は病気だったことを樹里に明かした。

妹のために病院の人たちは懸命に助けてくれて、だけど自分は妹のために何もできなかった。

妹は助からなかったが、病院のベッドで落ち込んで座っている時に背中合わせで座ってくれたのが薬剤師だったと。

そこから、薬剤師を目指すきっかけとなったそうです。

その時のように、樹里と背中合わせで座ってあげるみどり。

「みどりさんも(誰かを救えるような)そんな薬剤師になれているよ」と樹里は声をかけました。

そして、七尾副部長が瀬野へ「だから母を救えなかったんだろう」と謎の言葉をかける。

その言葉に瀬野は激怒していたが、今後何か過去が明かされそうな気がします。

みどりも瀬野さんも、辛い過去を背負っているんですね。

 

 

くるみがやりがいを見つける?

みどりと一緒にがん治療をしている辰川太一さんを看たいというくるみ。

こんなにイキイキしているくるみを初めて見たと、みんなびっくりしていました。

ですが、その「やる気」だけが先に走ってしまう姿も見られ、「昔の誰かを見ているようだ」とみどりを指導していた瀬野が言う。

希望を与えるなら責任を取らなければならないと伝えるみどり。

ここからくるみがどう進んでいくのか、どう変わっていくのか必見ですね。

 

 

アンサングシンデレラ5話みんなの反応・次の展開が気になる!

 

アンサングシンデレラ5話について、SNSなどの反応をまとめていきます。

 

今回、はじめて瀬野さんが中華料理屋に行きましたが、すごいご飯にがっついていて可愛かったですね。笑

クールな瀬野さんのお茶目な部分が見られた気がします。

瀬野さんと小野塚さんのコンビも何だかいいですよね。イケメン。

 

 

アンサングシンデレラ5話・ネタバレ感想まとめ

 

8月13日放送のアンサングシンデレラ5話について、ネタバレや感想などをまとめました。

医師や看護師ではなく、病院に勤務する「薬剤師」として、

どうやって患者さんと接するか、どうすれば命を救うことができるのか、非常に考えさせられる内容です。

 

見逃し配信を見たい方は、ぜひ「FODプレミアム」から無料で視聴してみて下さい。

見逃し動画は見たい時にスムーズに見る!これが一番ですね。

FODを14日間無料でお試しする

 

次回放送のアンサングシンデレラも楽しみにしていたいと思います!